RSS | ATOM | SEARCH
ハルジオン・ヒメジオン

 ユーミンの歌に「ハルジョン・ヒメジョン」というのがあります。

この2種類の区別は、花だけでは全く差がわからないのですが、調べていくうちに、花が咲く時期や茎の構造が違うようです。白馬ではハルジオン(春紫菀)は、5月に咲き始め、ヒメジオン(春紫菀)は6月に入ってつぼみをつけ始めてます。

茎の違いは、ハルジオンは茎の中が空洞で、ヒメジオンは茎がぎっしり詰まっています。

ヒメジオンの方が全体ががっしりした印象です。

写真の左がヒメジオン、右がハルジオンです。

(撮影日:6月12日) 

author:suishagoya, category:野の花便り, 11:43
-, -, pookmark